読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雰囲気ITマーケッターそらいけ!るび・るび・るびー

雰囲気ITマーケッター 取材と称して美味しいごはんを食べあるき、時々テッキーなSharePoint話を書いちゃうよ

 ○△□でつながる世界~USBに描かれたマークの謎~

ゴールデンウィークがやってきます。

この連休中の楽しみはみどりの日の新宿御苑の無料開放(*'ω'*)

 

でもいまのるびるびの一番の関心事はUSBコネクタに描いてあるこのマーク

f:id:Ruby-ruby:20150430150453p:plain

まる、さんかく、しかくだ!

 

るびるびがこの記号に興味を持ちはじめたのは

建仁寺で出会った看板。

「○△□乃庭」と書かれているではないか!

京都本山巡り・建仁寺編|京都観光の事なら「ざ・京都」・観光情報、タウン情報が満載

 

初めて見た時に丸三角四角乃庭と書かないセンスに惚れたからなのかもしれないし、

すべてのものが文字で表現できるわけじゃないんだなぁっと

妙に納得してしまったからかもしれない。

 

でも、私はこの看板を見ると笑っちゃう。

だって急にこんな看板読めって言われても…なんて読むの?って思った上に

えっと…えっと…これはクイズ番組?

何かこの○△□に言葉をいれるのかな?と考えすぎてしまった自分がアホらしくて。

 

ひねっていないその直球なネーミングセンスにたじろいちゃった自分が恥ずかしくって

昔の人に一本とられたなって気持ちになる。

 

だってこの看板みんな読めました??

 

こんなすったもんだな思考旅行があった後に

出光美術館で

○△□の筆で書かれた作品を見てやっぱり笑ってしまった。

○△□ - 出光コレクション - 出光美術館

○△□を大真面目に書いている姿を想像しただけで楽しいのに

それを大真面目に観賞している自分が楽しくって仕方ないのだ。

 

どう頑張ったってこの書から宇宙を感じる教養深い私はいないけど、

このシンプルな感じが何とも言えなくて大好きだったりもする。

「世界はこんぐらいシンプルだぜ」

と言われている気がしちゃうのだ。

 

てなわけでUSBにもこのマークがあったので大感動しちゃったるびるび。

○△□は新しい何かと繋がる道なのかもしれないなぁ

なんてUSBコネクタに描かれた○△□で思ったりするわけです。

 

そんなるびるびも楽しいSharePoint 生活のコネクタ役になれたらいいなと思っていたりします。

るびるびるびーの SharePoint 身の程知らずインタビュー

 SharePoint  はまだまだ奥が深い。

たくさんのストーリーがありますね。

 

ところで、私だけかもしれないのですが…USBを接続するときに裏、表、どっちかなぁとよく迷っていました。

この○△□のマークが描かれている方を見えるように接続すると一回で接続できます。

(たま~に両面に書かれている失礼な輩も見かけますが、たいていは片面だけです。)

 

 そしてこちらは片面の幸せ♡

友人からいただいた食べられるお花エディブルフラワーのクッキー♡

f:id:Ruby-ruby:20150501155044j:plain

 

 

 美味しいものは世界を救う!きれいな見た目は心が潤う、○△□は世界を繋ぐ?

GWは建仁寺で笑ってみては?