読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雰囲気ITマーケッターそらいけ!るび・るび・るびー

雰囲気ITマーケッター 取材と称して美味しいごはんを食べあるき、時々テッキーなSharePoint話を書いちゃうよ

ショスタコーヴィチを思いながらSharePointの旅 inろしあ亭

大雨のなか

神から神の街へ

 

神田付近には

シンガポールだったり

ベルギーだったり

イタリアだったりタイとか、スペインなんかもありますが、

ロシアはまだ行ったことがなかったので来てみちゃいました。

 

ろしあ亭 (ロシアテイ) - 神保町/ロシア料理 [食べログ]

 

るびるびはロシアと聞くとShostakovichを思い出します。

優雅にくるくるとヴィニーズ・ワルツを踊りたくなります。


Dmitri Shostakovich - Waltz 2 Russian Waltz - Happy New Year 2013! - YouTube

踊ればなんでも忘れられそうなこの曲のふわっと重い感じが好き。

 

 

そして、

台湾で台風に巻き込まれたロシア人を助けたこと。

台湾の警察署のごはんけっこう美味しかった♡

 

さぁろしあ亭のごはんは!

f:id:Ruby-ruby:20140815122744j:plain

メニューの種類が豊富です。

f:id:Ruby-ruby:20140815122755j:plain

カナダにいた時に

友人のロシア人宅で頂いたボルシチが懐かしい。

料理といえばファーストフードになってしまっていた

るびるびの心を癒やした家庭料理(*´ω`*)サワークリームがアクセント。

 

f:id:Ruby-ruby:20140815125217j:plain

Aセットに付いているピロシキ

f:id:Ruby-ruby:20140815125256j:plain

おいしそう~

f:id:Ruby-ruby:20140815125327j:plain

ちょっと甘さを感じる独特な味とハーブ(かな?)がアクセント

 

f:id:Ruby-ruby:20140815125640j:plain

デザート♡

しっかりボリュームがあるこのランチセット。

Aセットはパン2枚にスープにつけて食べるパンが食べれるので、

パン大好きな人にはすてきなコース。

 

f:id:Ruby-ruby:20140815131310p:plain

 パンをひたすら頬張るエアー氏

 

おおっと!

紹介遅れてしまいましたが、エアー氏はソノリテのスーパーSharePointエンジニア♡

そして、おしゃれで美食家。

 

るびるびが困ったときにはいつもいちばんに手を差し伸べて、根気強く教えてくれるこの方に今日はお話を伺いました。

 

エアー氏はいつもるびるびにレベルを合わせて話してくれます。

だから今回は、難しい話は置いといて

SharePointの使われ方について喋ってくれました。

 

エアー氏(以下え):SharePointの使われ方で一番多いのはね、社内ポータルなんだ。

f:id:Ruby-ruby:20140815145649p:plain

↑るびるびの頭のなか

るびるび(以下る):社内ポータル活用。。。

え:イントラネットはこの前教えたよね?そのイントラネット内で全社員が社内のニュースや情報共有をするんだ。(備品の借り方の説明があったりとか、PCを買うときの申請の仕方とか)

大体は企業の広報とかそういった人たちが管理してるね。

 

る:情報共有ですね!

え:情報共有だと定義が広くなってしまうから、ポータルのほうがいいね。どちらかという情報発信かな。共有というより。

 

る:他になにかありますか?

え:プロジェクト管理

る:?

え:プロジェクトごとに立ち上げて、プロジェクトのメンバーがみんなが見れて書き込めるもの。掲示板とかファイルの共有とかタスクの管理とか、スケジュールこの日に会議があるとかね。

あとは、部署ごとに作ったりもするね。

ただSharePointは部署が統合した時の対応は苦手だからそういう時はいろいろ考えながらやらなくちゃいけなくなるね。

る:これはSharePointサポートの出番ですね

 

根っからのエンジニアなエアー氏と話していると面白くて

丁寧に説明してもらいました。

 

感想

SharePointは情報共有も情報発信もできて便利なんだけど、

時たま苦手要素があったりするんだなぁっと実感。

だから、

長所を伸ばすことをサポートします。

SharePoint サポートサービス 【SSS】|株式会社ソノリテ

 

 

ところでこのあと話したことは男性脳と女性脳の違い。

男性女性は最初っからちがうってことを理解して話し合わないといけませんね~

やっぱり

話し合いの時にも美味しいもの!

美味しいものがあれば伝わる気持ちがいっぱいあるはず。

 

美味しいものは世界を救う!